治療の効果

はり・きゅう・マッサージは多くの方に愛されています

古くから親しまれているはりきゅうマッサージ。体が楽に、そして気分も爽快になるのはどうしてでしょうか。
治療の効果をご説明します。

鍼灸の効果

現在、鍼灸治療を受ける患者さんの多くは、腰痛や肩こり、ひざの痛みを持った方なので、鍼灸は、こうした運動器の症状だけにしか効かないと考える方も多いのですが、痛みだけでなく、身体のさまざまな疾患に効果があります。

近年の研究では鍼灸で身体の一部を刺激すると、中枢神経の中にモルヒネのような役割をもったホルモン(内因性オピオイド)が放出されることが解りました。このホルモンが、痛みを脳に伝える神経経路をブロックします。また、鍼灸刺激は神経を刺激して血行を促進し、痛みや疲労の原因となる物質を老廃物として排出する作用も持っています。また、自律神経に効果的に作用し、胃腸や心臓・血管などに作用しその働きを調節します。最近では、ヒトの持つ免疫力を賦活させる働きについても様々な研究がなされ効果も期待されています。

1997 年には、NIH( アメリカ国立衛生研究所) から、鍼灸療法の病気に対する効果とその科学的根拠を認める見解が発表され、WHO( 世界保健機関) でも、様々な症状や疾患について、鍼灸療法の有効性を認めています。

鍼灸の効果的な症状や疾患

WHO(世界保健機関)で鍼灸療法の有効性を認めた病気には、次ぎのものを挙げています。

  • 運動器系疾患:肩こり、五十肩、腰痛、頸椎症、変形性膝関節症、腱鞘炎、テニス肘
  • 消化器・呼吸器系疾患:便秘、下痢、痔疾、慢性胃炎、食欲不振、気管支喘息、鼻炎、感冒、扁桃炎
  • 疼痛性疾患:頭痛、坐骨神経痛、術後疼痛、ヘルペス後神経痛、三叉神経痛etc.
  • 循環器系疾患:低血圧症に伴う諸症状、冷え性、本態性高血圧症
  • 泌尿器・産婦人科系疾患:月経異常、更年期障害、逆子、不妊、インポテンス、失禁症
  • 感覚器系疾患:仮性近視、眼性疲労、メニエール病、耳なり、難聴
  • 小児疾患:夜尿症、小児神経症、消化不良
  • その他:不眠症、肥満、自律神経失調症、片麻痺、顔面神経麻痺、アレルギー疾患

あん摩の効果

主として筋肉のコリコリを取り除き、筋肉内組織の血液循環を良くし、新陳代謝を盛んにします。また刺激を与えて生体の機能調節を図ります。特にお腹に行うことで消化吸収を促進して元気に生活を送ることができます。

指圧の効果

主として皮膚の働きを活性化し、筋肉を和らげ、血液リンパの循環を促します。
また、骨格を矯正し、神経や内分泌の働きを調整し、同時に内臓の働きを活発にします。

マッサージの効果

主に循環系を対象に血液、リンパの還流を促し、筋肉や関節などにも多種多様の効果があります。近頃は浮腫(むくみ)に対して効果のある医療的なリンパドレナージなどがあります。

あん摩マッサージ指圧の効果的な症状や疾患

あん摩マッサージ指圧の効果的な症状や疾患として、肩こり、だるさ、頭痛、頭重、めまい、耳鳴り、疲労、腰痛、便秘、不眠、食欲不振、冷えなど、いわゆる不定愁訴症候群や、内因性の疾患(神経痛、麻痺、脳卒中後遺症、リウマチ、本態性高血圧など)や、外因性の疾患(関節の変形、骨折、脱臼、捻挫の後遺症など)が挙げられます。これらの症状や疾患は、血流の低下が原因で起こることが多く、あん摩マッサージ指圧はこの循環を改善し新陳代謝を促進させることができます。ストレスを解消するリラクゼーション効果もあります。