沖縄県はり・きゅう・マッサージ師会の沿革と活動

会の活動

1954年の当師会結成以来、国民健康保険による、あん摩マッサージ指圧・はり・きゅう(以下あはき)治療に対する補助事業を17市町村で実施させ、沖縄県市町村職員共済組合と沖縄県教職員共済会でも、あはき治療への補助事業を実施させることができました。

沖縄県内各地でボランティア活動やイベントに参加しています

伊平屋ムーンライトマラソン

伊平屋ムーンライトマラソンにてマッサージボランティア

沖縄県にても広くはりきゅうマッサージは愛されています

毎年の那覇マラソンでもジョガーの皆さんをしっかりサポート!

NAHAマラソンや沖縄マラソンでは、第1回大会からジョガーへのマッサージ・ボランティアに20年以上サポート。
伊平屋村ムーンライトマラソンでは第14回大会より村の依頼を受けてジョガーへのマッサージをご提供し、スポーツや健康を大切にする方々にも喜んで頂いています。
市町村の委託を受け、各地で開催される健康祭りなどであはき体験コーナーを実施しました。
毎年の敬老の日には、地域各地のお年寄りへのマッサージ・ボランティアを実施しました。
その他、講演会や学習会などを行い、全日本鍼灸マッサージ師会が開催する講習会などに参加し、学術の向上に努め、沖縄県民の健康の保持・増進に寄与しています。

はりきゅうの日をご存知ですか?

8月9日は、はり(8)・きゅう(9)マッサージの日。この日には全国で鍼灸マッサージの普及啓蒙を目的としたイベントや活動が行われています。
はりきゅうマッサージの日をとおして、はり・きゅう・マッサージ治療の効果や安全性について、より多くの方に親しんで頂ければ幸いです。

会の沿革

1954年
視覚障害者の業団体として、本会の前身である「沖縄鍼灸マッサージ師会」が結成され、任意団体として37年間活動を続ける。
1991年5月15日
沖縄県から社団法人の認可を受け、名称を「社団法人沖縄県はり・きゅう・あんまマッサージ指圧師協会」と変更し、視覚障害者だけでなく、県内有資格者の業団体としてスタートした。
2004年
結成50年を迎え、再び名称を「社団法人沖縄県はり・きゅう・マッサージ師会」と変更する。
2006年
全日本鍼灸マッサージ師会に加盟。